2017.10.30 FUBA レポート 
ブラリとFUBA開催〜ブラタモリ案内人と巡る景観・歴史探訪〜

夏の暑さが戻ったようなお天気の中、景観ガイドツアー「ブラリとFUBA」〜ブラタモリ案内人と巡る景観・歴史探訪〜が写真コンテスト表彰式の後に行われました。

↑ブラタモリの案内人の本田氏(左)と宮野氏(右)

「ブラタモリ」で案内人を務めた福岡市学芸員、埋蔵文化財課の本田氏と福岡市博物館の宮野氏のお二人から、景観を交えた街の歴史やブラタモリ撮影時の裏話など軽快なトークが繰り広げられ、時間を忘れて街を歩きました。

↑上:第2回都市景観賞「西日本渡辺ビル」。旧社屋の柱が残っています
↑下:初期の受賞作品に設置された都市景観賞受賞記念プレート。みなさんも探してみてください!

 

↑済生会福岡総合病院の裏。昔の写真と比べています

 

↑参加者も地図で探してみます。ココが川だったとは、、、

 

↑春吉橋からは、キャナルシティとホテル イル・パラッツオの2つの受賞作品を眺めることができます

 

↑水車橋(みずぐるまはし)。昔は近くに水車があったそうです

 

↑櫛田神社の周辺は生活用水としてたくさん井戸を掘ったそうです
海だった名残で、櫛田神社の井戸水はショッパイ!
撮影時にタモリさんも飲んだけど、放送ではカット。。。(※現在は飲めません)

 

↑大乗寺跡。旧冷泉小学校の埋蔵文化財調査についても、今後、乞うご期待です

 

↑ビルの谷間にチラリと福岡市文学館。昔は周りの建物が低くて、目立っていました

 

↑水上公園は、昭和天皇ご成婚記念として、福岡市で初めて作られた都市公園です

 

↑ココから福岡城だと勘違いされていた石垣
ブラタモリ撮影では、糸島産の石垣だとピシャっと当てたタモリさんだったそうです

 

↑旧福岡県庁の痕跡が残る天神中央公園

 

↑記念写真!みなさん、いい顔!!

 

時間が経つのも忘れてしまう、充実した時間でした。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!
また、快くご協力いただいた、本田さん、宮野さん、ありがとうございました。

さてさて、福岡市の素敵な都市景観に出会うことができるガイドアプリがあります。
定番の観光スポットに飽きた方、周辺と調和した公園、まちの魅力を高める活動など知りたい方にうってつけ!
福岡市の都市景観賞を受賞した200以上の作品を紹介しています。
現在地から探したりもできる優れもの!
福岡市都市景観賞アプリ」をiTunes、Google Playで検索してください!

お付き合いありがとうございました!




keikanadmin


フクオカをぐるっと360°捉え直すことを目的としたこの「サンビャクロクジュウド」という名のデザインチームは、NPOと公益社団法人と株式会社の3社が組んだちょっと変わったユニットです。
それぞれのミッションは少し違うのですが、フクオカが良くなるビジョンを持ってデザインに取り組んでいます。