2017.10.17 FUBA レポート 
まちなみ写真コンテスト 表彰式&展覧会

10月7日(土) 「まちなみ写真コンテスト 表彰式」が開催されました!

今年で7回目を迎えた「福岡市都市景観賞まちなみ写真コンテスト」。
応募総数は400点を超え、たくさんの景観賞が映った写真が集まりました。
その個性豊かで素敵な応募作品の中から、審査員が選んだ「優秀賞」、「入選」、市民が選んだ「市民賞」の表彰式です。

優秀賞、入選、市民賞を受賞した方々やそのご家族が一堂に会し、通りがかった方からも温かい拍手をいただきました。
受賞者からは、「今年こそはと!」臨んだコンテストだったこと、「学生時代に美術を学んでいた」という撮影のコツや、何十枚も撮影した苦労話などもお話いただきました。

 

優秀賞キッズ部門の子どもたち。メダルを提げて誇らしげに記念撮影!

 

優秀賞一般部門の皆さん。重たい重た~いクリスタルです!

 

市民賞と入選のダブル受賞!!

 

全員で記念写真!!

第7回福岡市都市景観賞まちなみ写真コンテスト受賞作品パンフレット
※冊子として使用できます。昨年実施の第27回福岡市都市景観賞受賞作品も一緒にご覧ください。

表彰式の後は、お待ちかね、お楽しみ抽選会です。
これまで都市景観賞を受賞した方々に景品のご協力いただきました。
飛び入り参加のおばあちゃんにも当たりました!

 

おめでとう、おばあちゃん!!

 

そして、表彰式も無事に終わり、展覧会の会場を警固公園に移して、展覧会のスタート

白と黄の箱を組み合わせた展示台は、ベンチも兼ねた優れもの!!
座って写真をのんびりと眺める人、おにぎりを頬張る子どもたち、もちろん、歩いて展示を巡る人、打合せをする人たち(笑)などなど、、、
昼夜を問わずたくさんの人が行き交う場所で、また、場所を移して2つの会場で展示する初めての展覧会。広く都市景観を広めるために始まった福岡市都市景観賞誕生30周年にふさわしく、たくさんの方々が素敵な写真と素敵な景観に出会ったようです。
 




keikanadmin


フクオカをぐるっと360°捉え直すことを目的としたこの「サンビャクロクジュウド」という名のデザインチームは、NPOと公益社団法人と株式会社の3社が組んだちょっと変わったユニットです。
それぞれのミッションは少し違うのですが、フクオカが良くなるビジョンを持ってデザインに取り組んでいます。