2017.1.16 マチに力を借りるとき 
水辺の力

我々八人力の記事のテーマは「マチに力を借りるとき」
僕は『水辺の力』にスポットを当てたいと思います。

目に映る景色の力を借りたい時と言えば、真っ先にデートが思い浮かぶかもしれませんが、僕の場合は建築を作る仕事をしているので、新しいアイディアを考えたり、ぐちゃぐちゃになった頭を整理してブレイクスルーを起こしたい時、独りで水辺に行っては、ぼーっとします。そうして一旦考える事を止めて頭の中を無にすると、心が穏やかになり、スッキリして、新しい発想も浮かんできます。
この仕事に限らず、どんな仕事でも、そういう時間は必要なのではないでしょうか?

福岡の街は、水辺には事欠きませんよね。
そもそも都心部、副都心と、街のほとんどが海のそば。
街から少し歩けば海にたどり着きます。
古よりアジアへの玄関口を努めてきたのは伊達ではありません。
遣隋使や遣唐使、戦後の満州からの引き揚げ等、歴史を見てきた海。
そう想うと、別の意味で感慨深い気持ちも湧いてきます。
博多湾内は決して綺麗な海とは言えませんが、それでも満々と湛えられた水の揺らめきや、街の灯りが反射する様を見ていると、心を落ち着かせ、穏やかな気持ちにしてくれます。

都心から近いエリアで言うと、博多では『ベイサイドプレイス』、百道の『マリゾン』なんかは、ご紹介するまでも無い程の超メジャースポットですね。
しかし他にも福岡には、至る所に水辺の穴場スポットがあります。

 

福岡市中央区港。
地下鉄大濠公園駅から数分歩くと、都心とは思えない、懐かしさの漂う漁港にたどり着きます。大型船を作っている造船所も見えて、工場萌えの方にもおすすめ。

 

このエリアのおすすめは朝。
公園も整備されていて、散歩しながら頭を整理するには最高です。

 

僕はこの場所に魅入られて、事務所まで引っ越してしまいました。。。

 

朝日に照らされる、荒津大橋の曲線美も妖艶で良いです。

そこから福浜方面に向かって伊崎漁港方面に行くと、能古島も見えます。

こっちは西向きだから、断然夕方。

西向きと言えば、車で糸島まで足を伸ばせるなら、テッパンは二見ヶ浦。
夕焼けを見て黄昏れるには最高の場所ですよね。

(注)このエリアは夕日を眺めながら食事ができるバーやレストランもあって、ラブラブカップルで溢れている為、独りで行くと孤独感が倍増する可能性があります。

 

福岡は川辺もいいですよね。
言わずと知れた中洲のネオンが映り込む那珂川沿いにも、素敵なバーやレストランがたくさんありますが、
ご紹介したいのは、早良区と西区を区切る様に流れる室見川。

二級河川ですし、那珂川に比べるとずっとマイナーで、特筆すべき雄大な景観があるわけでも無いのですが、春にシロウオが獲れ、上流ではホタルが見られ、河口では百道浜の近代的な景色が映り込む、とても市民に親しまれている川です。大きな川では無い分、水と人が近い事も、落ち着く理由の一つかもしれません。西区で育った僕も、子供の頃からこの川で遊んだり、学校帰りに意味もなく土手に座って友達と話し込んだりしたのを思い出します。

椎名林檎の初期の曲に『正しい街』という歌があります。

~あの日飛び出したこの街(福岡)と君が正しかった~

という、郷愁あふれる歌なのですが、その中の一節で

~都会では冬の匂いも正しくない。百道浜も君も室見川も無い~

という部分があって、高校時代、意味もなく百道浜や室見川に行っては無駄話に時間を費やした自分の青春時代とダブらせて、うるうるしてしまいます。
スピッツの名曲『ロビンソン』も、草野マサムネが室見川の情景を思い浮かべながら書いた曲だと言われています。

 

最後は池。市民の憩いの場、大濠公園。
最近はジョギングやマラソン人口が増え続けていて、夕方や休みの日は渋滞が起きそうな程のランナーでごった返していますが、池のほとりのベンチに座ると、空と緑と街並みが映り込む、都心ならではの極上の水辺風景が味わえます。

この池は元々、黒田官兵衛・長政の築いた福岡城のお堀なのは市民によく知られているところですね。ついでにそのお堀の方にも足を伸ばして見ましょう。

 

ここは朝がおすすめ。
蓮の花が咲き誇る夏も良いですが、冬のはじめ、朝もやに包まれる枯れた蓮の葉達も、なかなか味わい深いものがあります。

 

桜の季節はライトアップされた桜が水面に映り込み、幻想的な光景も楽しめます。

 

穴場なポイントも超メジャーなポイントも含め、幾つかご紹介しましたが、福岡は至る所に水辺があるので、この他にも一人ひとりにお気に入りの水辺がきっとあると思います。

水辺には脳やココロに効く不思議な力があると、本気で信じています。
寒くなって来ましたが、しっかり厚着して、ガンガン水辺に出ていきましょう!
きっとあなたの脳にもブレイクスルーが起きるはず・・・・?

 

松澤 徹




八人力


主に建築設計に従事する15名が集まった集団。
「まちから退屈をぶっとばせ!!」をミッションに、日々活動中。
http://8ninriki.jp