活動賞 
デザイニング展
DESIGNING? 

20_web

10年続いたこの展覧会は、「デザインは街を変える」をキーワードに、福岡の街を一つの会場として捉え、新しい街の使い方や楽しみ方を積極的に企画してきた。その経験が、人々の生活に喜びや発見を与えたり、私たちが暮らす街をより良い方向に変えていく背後に、いつも「デザイン」が関わっていることにも気づかされ、それ自身が持つ力を捉え直す機会にもなった。また、この展覧会には3つの要素がバランスよく組み込まれていたように思う。思いも寄らず足を止めて参加することができる日常性、誰にでも届くように常に開かれた場であるという公共性、さらには参加者も企画者も共に「デザイン」に携わることによって社会とのつながりを意識し、自らの手でより良くしていこうとする市民性、これらを通して生み出されたものが社会で機能し続けるように社会実験を繰り返しているようでもあった。それゆえ「デザイン」という行為についての一つの指標を作り出していった活動とも捉えることができる。

代表者 デザイニング展事務局