ランドスケープ賞 
博多千年門周囲の景観(承天寺通り)
Landscape in Hakata-sennen-no-mon Gate Area (Jotenji-dori Avenue) 

sennen

博多千年門は歴史的文化財の多く残る寺社町エリアのウエルカムゲートとして、 地元の繁栄を願う住民等「博多千年門期成会」の寄付によって建設された。様式 は江戸時代、近くに存在した「辻堂口門」を見立て四脚門とし、門扉には太宰府 天満宮より寄贈された樹齢千年の「千年樟」が使用されている。また千年門と共 に整備された承天寺通りは、以前の区画整理によって南北に分断された承天寺の 敷地を一体的な空間へと蘇らせ、二車線道路を一車線化して歩道を拡幅するな ど、承天寺を含む周辺エリアの散策や回遊性向上に貢献している。通りの植栽に は本殿にあったマツを移植し、境内との一体的なランドスケープを造り出した。 風情ある博多への敬愛と共に、風景の一体化を丁寧に仕上げた多くの人々の努力 の結晶として、敬意を表したい。

所有者 福岡市
関係者 承天寺/博多千年門振興会/御供所まちづくり協議会/庭師 北山 安夫
設計者 株式会社ランドスケープ・コア/㈱修復技術システム
施工者 株式会社 小山社寺工業所/熊川工業株式会社/株式会社 高原電設/住都建設株式会社
関係者 警固公園対策会議