2015.10.12 「けいかん」って何だっけ? 
あいたか橋に行ってきました!

お久しぶりです

景観女子のりえとさとみです。

 

さて、景観女子第5回目は、初心に戻って景観賞の受賞作品の紹介です。

 

「第26回福岡市都市景観賞」で、新しくはじまった「市民賞」。

その初の受賞となった「あいたか橋」を紹介します。

 

360do_05_01

 

アイランドシティにある、日本最大級の歩行者・自転車専用海上橋だそうで、

その長さは、なんと430m!!

提出していただいた資料を見ると、市民が集まる場所として機能しているみたいですね。

なんだか海風を感じられそう、リフレッシュできそうです。

これは素敵な場所のようです。

 

その提出資料の中に、私たち景観女子にグッとくる写真がありました。

それがコレです。

 

360do_05_02

 

こいつはロマンチックだぞ!

きっと女子っぽい何かが待ってるはずだと直感した私たちは

夜の「あいたか橋」にお邪魔することにしました。

 

 

 

360do_05_03

 

到着です!

風が気持ち良い〜!

向こうにあいたか橋が見えるのですが、わかりますか?

 

360do_05_04

 

アイランドシティの夕焼けが綺麗です。

 

 

この海の周りを一周で3kmだそうです。

ランニングしている人がたくさんいました。

 

360do_05_05

 

橋までやってきました。

ついでに調子に乗ってみました。

 

 

ただ、夜なだけあって、やっぱり暗いです。怖いです。寂しいです。

 

そこで、ただ紹介するのではなく、思いっきり趣向を変えて

「女子が夜の景観を楽しむときに注意するべき10のこと」を

まとめてみました!

 

女子だけで景観を見に行くよという方の参考になれば、と思います。

ロマンチック景観女子、略して「ロケジョ」は要チェックです。

 

【ロケジョ】ro-ke-jo

古くは江戸時代から始まったと言われるなんかその気になりたい年頃の女子がいい感じの場所にフラッと行きたくなる状況。

または、それを行ってしまう女子。

 

1 トイレの場所を確認しておきましょう

これは、大事です。

急な状況にでも素早く対応できるように、位置を確認しておくことも必要です。

だって、いろいろあるじゃないですか。

慌てふためく姿を晒さないためにも、ハンカチ、ティッシュなどの女子神器は必須アイテムです。

 

360do_05_06

 

ここでは、橋の近くにありました!

あいたか橋は、急なピンチも大丈夫!

 

 

2 ライトを準備しましょう

夜は暗く、道が見えない場合があります。

小さな段差であっても、つまずいたときは、致命的です。

だってかっこ悪いですもの。

スムーズに歩くためには、前をしっかりと確認することが必要です。

そのために、ライトを準備しましょう。

 

360do_05_07

 

今では、スマートフォンや携帯電話にも備わっていますね。

猛烈に充電が減ることをお忘れなく!

 

 

3 寒いので、冷えないようにしましょう

夏も終わり、秋を感じるこの時期。予想以上に、夜は肌寒くなります

調子に乗って薄着などしないように注意しましょう!

女子にとって、「冷え」は禁物です。

次の日にまで影響が出ます。

 

360do_05_08

 

私たちのチョイスはハラマキ!

寒さ対策はバッチリでしたが、今見るとビジュアル的に微妙です。

 

 

4 黒い服はやめましょう

暗闇に黒は、黒しか生まない。

という言葉もあるように、夜での黒い服は存在感を消します。

自転車や通行人ですら気づかないことがありますので、

気をつけましょう。

 

360do_05_09

 

これはもうホラーです・・・

貞子です。

通りすがりの人が腰抜かすレベルです。

 

 

5 カメラは夜景モードにしておきましょう

夜の写真を撮るのは、難しいですよね。

出来上がった写真を見ると、なぜか真っ黒だったり、

見たこともないような明るさになっていたり・・・

もう、がっかりです。二度と行きたくなっちゃいます。

そこで、要チェックポイント!

現在のカメラには「夜景モード」というのが備わっています。

技術の進歩ですね。スゲェ!

 

360do_05_10

 

失敗① 真っ暗で何も見えません。

 

360do_05_11

 

失敗② これはこれで幻想的ですが、明かりが滲んでしまっています。

 

ジャーン!

テクノロジー全開の夜景モードで撮ったら、こんな感じです。

 

360do_05_12

 

私、上手い!

もう、プロとしてやっていけるかも。

夜景の撮影のご要望ございましたら、以下で承っております。

 

6 景観になじみましょう

せっかく人目が少ない夜です。

ここは思い切ってロケジョらしく景観になりきってみましょう!

いままで感じたことのない微妙な自分が見つかるかもしれません。

 

360do_05_13

 

橋になりきってみた私ですが、いかがでしょう?

自分査定では完全におかしな人です。

夜でよかった。

 

 

7 もしものときのための防犯ブザーを持っておきましょう

当然夜ですし、しかもちょっとイケてる私たちのようなロケジョの皆さんですから

最大の注意するポイントは防犯です。

普通にしてても男子が寄ってきますので、追い払うシステムは必須です。

近年、防犯グッズもたくさんの種類がありますよね。

「私は大丈夫〜」と思っている方も、ぜひ、持ち歩きましょう!

 

360do_05_14

 

この静かな空間で、音を鳴らせば効果バツグンです。

あまりのうるささに本人がビビってました・・・

 

 

8 小腹がすいたときのためにお菓子を準備しておきましょう

夜であろうが、昼であろうが、育ち盛りのロケジョですから突然お腹がすくこともあります。

いや、むしろ確実にお腹減ります。

そのときのために、お菓子を準備して行きましょう。

好きなお菓子を食べるとテンションも上がります。

 

360do_05_15

 

手作りお菓子だと女子力アップ!この日は、りえの手作りクッキー♡♡♡

ものすごく水分を持っていく魔法のお菓子でした。

このあと、持って来た飲み物も空になったので一石二鳥。

さすがりえ。そこまで読んでのチョイスだったと信じています。

 

あっ、それと、自分で出したゴミはもちろん持って帰りましょう。

イケてる女子は、マナーを大事にするものです。

だってイケてるから。

 

360do_05_16

 

バッチリです。

完璧です。

パーフェクトです。

 

 

9 まさかのときの痴漢対策を知っておきましょう

世の中、何が起こるかわかりません。油断大敵です。

もし、知らない人から、腕をつかまれた場合、

こんな感じで対処しましょう。

 

後ろから掴まれた場合、

 

360do_05_17

 

ガシッと来たら、

 

360do_05_18

 

こうきて!

 

360do_05_19

 

こうして!!

 

360do_05_20

 

こうやって!!!

 

 

とりゃーーーーーーーー!!!!!!

 

360do_05_21

 

これで、確実に手は離れます。

ちなみに二人とも巷では運動神経ない人認定されています。

 

 

10 流れ星が流れても落ち着いてお姫様のようにふるまいましょう

ロケジョの夜はステキなアクシデントが待ってます。きっと。

その中でもきっちり押さえておきたいアクシデントが「流れ星」。

準備を怠ると、慌てて大事なところで噛んだり、欲張って10個ぐらい似たようなことをお願いしたり、

何か食べてて口からボロボロクズを盛大に飛ばしたり、およそ女子らしくない姿が待っています。

でも、ロケジョの皆さんは大丈夫。

流れ星を見つけたら、落ち着いて準備していたあのお願いを発射しましょう!

きっとその辺のおじさんより優先して願いを叶えてもらえるはずです。

 

360do_05_22

 

張り込みの刑事レベルで流れ星の出現を待っていましたがこの日は不発。

とりあえずイメージ写真で月にお願いです。

ほぼセーラームーンです。

 

 

 

 

 

以上を守れば、女子だけでも安心して景観を楽しむことができます。

 

 

では、ゆっくりと景観を楽しみましょう。

 

やっぱり、夜もいいですね〜

あいたか橋から見える夜景がとてもきれいです。

 

360do_05_23

 

まとめ

夜の景観を楽しむには、準備が必要。

 

※10ヶ条に夢中になりすぎて、変な目で見られないように注意

 







さとみ
景色を眺めたり、公園でボーっとすることが好きな26歳女子。
女子と呼ばれるにはそろそろ限界を感じている。父の影響で何かと「ケイカン」という言葉を耳にすることが多い。好きな食べ物は、チョコレート。

りえ
社内でのデスクワークが多いことから、「ケイカン」に触れるのは毎日の通勤途中くらい。だけど、周りに「ケイカン」に詳しい人がたくさんいるので、それなりに身近に 感じている、二児の母。好きな食べ物は、サラダ。