広告賞
WeBase 博多



「猫のオブジェのあるホテル」としてすっかり定着している。ファサードから飛び出す巨大な猫の半身。そのサイズもさることながら、宇宙服を着た出で立ち、ペロリと小さな舌を見せる表情などの作りこまれた造形と全体の佇まいが奇妙な景観を作りだし興味を引く。広告の多様な在り方が模索される時代の一つの解答だろう。道ゆく人が注目し、写真を撮ってネットにアップする。ホームページでも存在感を放ち、猫のホテルのイメージが楽しい気分ともに拡散される。そして、この「猫のオプジェ」が「SHIP’S CAT」だと分かるやいなや現代アートの奥深さを体験することになる。パンフレットには「旅の守り神」としての「SHIP’S CAT」の物語が掲載され、ロビーに飾られた作家の手になる作品の原画と壁画に吸い寄せられる。SHIP’S CATのアートとしての重層性が人を惹きつけ、様々な旅人の物語とともにネット上に新たな景観を作り出す。
所有者 株式会社レーサム
製作者 ウルトラファクトリー代表ヤノベケンジ